サヴールについて

美味しさという『 幸せ 』を 皆様に

 

  北海道の最上級の食材と、フレンチの確かな技術から生まれる、力強い味わい

季節を感じる、北海道のフランス料理

 

 私達はお食事を通して

美味しさという『幸せ と 感動』をご提供しております。

 

 

 “saveur サヴール” とは、フランス語で味わい・風味の意。

料理を通して お客様に幸せなひと時を味わって頂けるよう、
信頼する生産者直送の最高品質の食材や 厳選した旬の食材を、
シェフ自らフルオープンのカウンターキッチンで料理致します。

フレンチならではの奥深い味わいをベースに 現代風にアレンジした、
季節感あふれる 北海道のフランス料理をご堪能ください。


※2021年12月 すすきの交差点近くのF-45ビル2Fに移転しました。
(ビル入口 金の卵のオブジェが目印です。)

 
サヴールは、目の前でシェフが料理を創り上げる Chef'sカウンター席をメインとした、ライブ感溢れるレストランです。
いわゆる「フレンチレストラン」=ゴージャスでキラキラとした非日常感、セレブな世界…というイメージとは少し離れ、
北海道産の旬の食材をたっぷりと、とにかく美味しく食事を楽しみたい!という方に喜んで頂ける様な、温もりあふれるフランス料理店です。

 

カウンター・フレンチですので、お一人様でも 気兼ねなくご来店頂けますし、
カップルのお客様は シェフの料理を見ながら 楽しく会話・お食事を、
ご家族・接待でのご利用には 個室もご用意しております(4名様まで)。
(とはいっても、ご常連さまにはカウンター席が人気です)

 

札幌でお寿司や海鮮料理ではなく、フレンチを食べにご来店頂くのですから、
サブールでお出しする料理は 気取ったフランス料理ではなく、
とにかく美味しい!と思って頂けるものをご提供したい。

その為、生産者直送の高品質な北海道産食材や 厳選した素材の美味しさを前面に出し、
フランス料理の技法を用いながらも 単純明快で分かりやすい料理表現、
食感・温度・香りが活きている「出来立ての美味しさ」を大切に、
ア・ラ・ミニュートで(その瞬間に)料理しております。
(その為、混雑時には料理をお待たせする事がありますが、ご理解頂けると幸いです。 )

 

口に含むと つい笑顔になってしまう様な、そんな本質的で ホッとする美味しさを目指して、
一皿ひと皿 シェフが心をこめて 日々 料理をお作りしております。

料理を口にしたお客様の顔に「美味しい~」という笑顔が浮かぶと、嬉しくて嬉しくてたまりません。

 

「美味しさ」とは人それぞれ、とても主観的な表現ではありますが、
サヴールでは料理の世界のトレンド・流行りの表現とは少しだけ離れ、
シェフの想う美味しさに結びつかない 最新の調理器具や調理法、凝った演出・機材等は採り入れておりません。

斬新な表現、独創性、ビジュアルなど、驚きや目新しさをお求めになる方や、
いわゆるフレンチレストランの ゴージャスな空間・サービスなど、
非日常的な雰囲気を期待されている方には 当店は適しておりませんので、あしからずご了承ください。

 

東京・Paris・NY
流行りの星付きレストランの様な、格好の良い料理・サービスはご提供しておりませんが、
料理に真剣なシェフが季節の食材から作る旨い料理と、
お食事に合う350種類程の豊富でリーズナブルなワイン、
そして 温もりと笑顔溢れるサービスで、お客様を心からおもてなしいたします。

 

食材の宝庫 北海道の魅力。
フランス料理でしか味わえない この時季の美味しさを、
ぜひ ゆっくりと味わい、ご堪能ください。

 

楽しいお食事のひと時を通して、皆様に 幸せと感動をご提供出来ましたら幸いです。

 

 

 

 

*オーナーシェフ:金田 二朗

1970年12月25日生まれ 神奈川県横浜市出身。
神奈川県立横浜高等技術校 自動車工学科卒業

子供の頃から大のオートバイ好きで一旦は自動車整備士として務めるも、
学生時代の横浜瀬里奈 鉄板焼でのアルバイト経験により料理の面白さに目覚め、
小田原ステラ・マリス、箱根オーベルジュ オー・ミラドーで本格的なフランス料理の世界に入る。

オーミラドー.jpg 1994年オー・ミラドー修業当時

オー・ミラドーでは 箱根の自然と旬の食材に恵まれた修業環境の中、
師匠ムッシュ 勝又 登 の下、地場の素材をただ調理し皿に盛るのではなく、
生産者と信頼関係を築き その土地の空気や季節感までをも表現した、
”地方のフランス料理”と 料理人としての基礎を学ぶ。

1998年2月 渡仏。

*1998.02~03 CAVILAM (Vichy) (語学研修)
*1998.04~05 Bernard Andouillau ✽ (Clermont Ferrand) 魚料理担当
*1998.06~09 David Morreno ✽ (Narbonne) 肉料理担当
*1998.10~1999.02 Bernard Morillon ✽ (Beaune) デザート担当
*1999.02~04 Pâtisserie Bouché (Beaune) タルト類・焼き菓子
*1999.05~10 Le Temps de Vivre ✽ (Roscoff) 魚料理担当
*1999.11~2000.02 Bernard Robin ✽✽ (Bracieux) 肉料理担当
*2000.03~04 Pâtisserie Bouché (Beaune) アントルメ全般・仕上げ
*2000.10~2001.03 TAILLEVEN ✽✽✽ (Paris) 肉料理・温前菜担当
*2001.05~09 Bistro NIKA (Paris) スー・シェフ
*2001.10~2002.03 Les Élysées du Vernet ✽✽ (Paris) 魚料理担当

 他

オーヴェルニュ、ラングドック、ブルゴーニュ、ブルターニュ、ロワール、パリなど
フランス各地方を廻り、1つ星から3つ星までの星付レストランやパティスリー等、
10件余で修業。
また、その土地でお世話になったフランス人から、ワインの美味しさ、料理やフロマージュとの楽しみ方などの文化を学ぶ。

2008年 札幌の有名店「ル・ヴァンテール」(現在閉店) オープンより、4年間シェフを務める。

信頼する生産者がつくるユニークで高品質な食材を北海道ならではのフランス料理に仕立て、
その美味しさを通して お客様に幸せなひと時を味わって頂けるよう、
2012年4月2日 saveur〈サヴール〉を開業。

フランス料理の敷居の高さを取り除き、笑顔が生まれる美味しさを 日々探究している。

 

*マダム:金田 蘭子

19??年7月14日(フランス革命記念日) 生まれ 埼玉県さいたま市出身
埼玉県 花咲徳栄高等学校 食物科卒業

浦和 ビストロ・ヤマ、ペペロネにてフレンチ&イタリアンの料理修業
大宮 フランス菓子店 シェ・シブヤにて5年間 渋谷シェフに師事し 菓子職人として修業
(販売スタッフとして当時成し遂げた クリスマスケーキ個人注文獲得数の記録は、20数年経った今でも破られていない)

2001年 渡仏。
パリのSTELLA MARIS にてデザート部門。
 吉野建シェフの魂の料理に感銘を受ける。

パリ郊外の大型パティスリーにて 膨大な数の菓子作りや トレトゥール(仕出し料理)等の経験を経て帰国。

結婚後、出産を機に北海道に移住。
育児の傍ら、お菓子教室【アトリエ Ranko】を札幌手稲に開き、本格的なお菓子を子供連れでも学べると、お母様方から好評を得る。

現在 サヴールにてパンやデザートを仕込みながら、マダムとして笑顔で温かくお客様を迎える日々を送っている。

2020年から 月に一日だけ、自分が好きなお菓子や軽食を作り 提供・販売する場
【Ranko カフェ】を開催(現在休業)。

 

2021年12月、自身のブランドであるRanko Délicieuxをスタート。
研究を重ねた大好きなアップルパイをサヴール内の菓子工房で焼き上げ、ECサイトで販売。
全国の皆さまに美味しさと笑顔をお届けしている。
https://rankodelicieux.stores.jp/